2011年07月19日

飯豊連峰(1)

大日岳をバックにおりゃ!
縦走
飯豊連峰 Jul. 2011


1日目(天狗平〜丸森尾根〜梅皮花小屋)
2日目(梅皮花小屋〜御西小屋〜大日岳ピストン〜本山小屋)
3日目(本山小屋〜ダイグラ尾根〜天狗平)

来ました海の日3連休\(≧▽≦)/
全国の山ノボラーのみなさんが待ちに待った晴の連休。
われわれも突撃してみました。
ターゲットは…

夢の飯豊ぐるりっぷ!

天狗平から出発。丸森尾根を登って、北股、梅花皮、御西、本山とまわって、ダイグラ尾根で下山。
おまけにトッピングで大日岳もつけちゃうぞ(^o^) という夢の周回縦走コース。
余裕を見たつもりの2泊3日。果たしてどうなることか…

金曜の夜に天狗平に到着。車中でぐっすりしますが、朝4時に起きてもやはりかなりの眠さ。
それでもまわりはどんどん動き始めているのでわれわれもいそいそと準備をして5時半にいざ出発!

丸森尾根とっつき
さすがに飯豊のとっつきです。
いきなりこれ。
テント泊装備がずっしり来ます(^_^;)

岩場その1
ガツガツ登らされます。ひぃー!

灼熱のブナ林
すんばらしくきれいなブナの森♪
ですが、灼熱の陽射しが葉っぱの間からレーザービームのように刺さります。
もう汗がとまりません。

夫婦清水
ドバドバ滝のように汗をかきながら、夫婦清水に到着。たっぷりと冷たい水をいただいちゃいます。
全身の水分がまるごと飯豊の湧き水に入れ替わっちゃうくらいの勢いでした。

丸森峰
そしてようやく丸森峰にたどり着くとドドーン\(≧▽≦)/
門内につづく主稜線がようやくお目見え♪

地神北峰
たっぷり6時間。テント泊装備とはいえ時間かかりすぎですが、ようやく地神北峰にてランチターイム♪
すでにヘロッヘロ。ほとんど熱中症なのではないかと思えるほどのバテっぷり(T_T)
この先大丈夫なのでしょうか?
それでも稜線上は雲がちで風も涼やか(^_^)
ランチで多少息を吹き返しました。

えぶり差!
少しすると先月行ったえぶり差が雲の中から現れました(^_^)

ここでなんと…
「七高山でお会いしましたよね!」と声をかけていただきました。
6月に鳥海山の山頂でお会いした方とうれしいバッタリ。
山スキーの話でしばし盛り上がりました。
こちらの方は頼母木へ、われわれは門内方面なのでここでお別れ。

ここからは夢の飯豊の主稜線\(≧▽≦)/
歩き始めるとすぐに…
イイデリンドウ♪
出ました!イイデリンドウ!

そして続けざまに…
ヒメサユリロード
ヒメサユリに、

門内小屋が見えてくると…
ニッコウキスゲロード
ニッコウキスゲ。

ニッコウキスゲだらけ
もうニッコウキスゲだらけ。

ニッコウキスゲ?
調子にのったハニー渾身の「ニッコウキスゲ」

ワタクシ、バッテバテにバテまして、正直、門内小屋でやめようかと何度も思ったんですが、水場がまだ雪渓に埋まっていて使えないということだったので、目標通り梅花皮に向かいました。

雲がどんどんと流れていきます。
来たぁー!
そしてそして来ました♪

青空がやってくる!
振り返ればえぶり差につづく稜線がドーンと。

梶川尾根
梶川尾根がずどーんと。

どんどん雲は流れて、
ダイクラ尾根チラリ
ダイグラ尾根がキラーンと見えてきました(^_^)

流れる雲
どんどん晴れてきます。

見えた♪
北股岳に到着する頃には梅花皮岳の向こうに本山もチラリ(^_^)v
しかしこの最後の北股の登りが厳しかった(^_^;)
危うく魂引っこ抜かれるところでした。

大日岳♪
どんどん晴れて大日岳もドッカーンと現れました。

ピーカン♪
この空です♪

来ました!
完全にテンション振り切ります。

テンションは振り切っているものの、やはりボロボロ(^_^;)
フラッフラの状態でようやく梅花皮小屋に到着。
すでに3時をまわっていました(o_o)ガーン!

なにより先に靴を脱いでサンダルに履き替えて、はぁー爽快!
やっとのことで人心地つきました。
ヘロヘロのままテントを張ります。
お宿準備中
なんとか今夜のデラックススイートを設営♪

そしてヨレヨレでも、とりあえずやっときます…
大日岳をバックにおりゃ!
大日岳をバックに、うりゃ!

大日岳
しつこいですが大日岳♪

日が傾いて空が赤くなると…
夕日に浮かぶ朝日連峰
朝日連峰がシルエットで浮かび上がります。
右から大朝日岳、中岳、西朝日岳、ちょっと飛ばして以東岳。
その向こうには月山と鳥海山まで\(≧▽≦)/
いやぁ来てよかったぁ!!

見下ろせば石転び沢。夏だけあってどんどん登ってきます。
5時過ぎてもまだ登ってきます。さすがに達人揃いで4時間で上がってきたとか、そんな話ばっかりでこちらはどうも隅っこで小さくなってしまいます。バッテバテでなさけねぇ(T_T) 丸森尾根でバテてるようじゃ…なんて思っていましたら達人のおひとりから「夏は石転びの方が涼しくてラクなんだよ。丸森暑くて大変だったろ」と慰めていただき、ちょっぴりココロも復活。

夕日を見ながら晩ご飯をガツガツ、ワインですっかりいい気分。
ほぼそのまま記憶を失いますZzzzzzzzzzzzzzzzz

2日目につづく。

GPSログ
飯豊連峰110716map.jpg
赤が登り

累積標高:+1901m
累積標高:-463m
沿面距離:10.371kn
ん〜、なかなか歩いたモンだ。

posted by Toby at 09:00| Comment(6) | 東北 飯豊連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハイ、地神北峰まで8時間もかかったワタクシが参りましたよっと。笑

いつも思うのですが、Tobyさんって身体柔らかい〜。笑
私、いくら頑張って飛んでもそんな風にはならないわ〜〜。

Tobyさんたちは、飯豊から朝日連峰を眺め、私たちは
朝日から飯豊を眺め・・なんか面白いですね!
Posted by くに at 2011年07月20日 19:34
丸森尾根〜ダイクラ尾根、良いルートですね。
秘かに狙ってました。
レポ楽しみです。
Posted by yamasanpo at 2011年07月20日 19:57
くにさん>
おろ!こりゃあ失礼いたしました<(_ _)>
どうも強者ばかりに目がいっちゃうもので……ってここ掘り下げなくていいですね(^_^;)

身体やらかくないですよ。思いっきり蹴り上げているので瞬間的に肉体の限界を凌駕しているんじゃないでしょうか(^o^)v

ほんと朝日もいいだろうなあと思っていましたよ。今度はぜひぜひ同じ山でお会いしましょう!
Posted by Toby at 2011年07月20日 23:49
yamasanpoさん>
飯豊でできる数少ない周回縦走コースですもんね。狙ってらっしゃいましたかぁ。ぼくらのへっぽこレポではお恥ずかしい限りですが、現在鋭意作成中でございます。しばしお待ちください。
Posted by Toby at 2011年07月20日 23:52
>コースタイムをだいぶオーバーして7時間ほどでようやく長坂清水に到着。
登るときも、吊り橋からここまでが辛いところです。昨年の暑いときに+2時間のコースタイムと初日の荷物で参りました。暗くなって御西小屋に着いたときは、手が震えていた。
>下りては登り、登っては下り。しまいには下りているのか登っているのか分からなくなるような感覚。

>それにしても飯豊楽しかったぁ\(≧▽≦)/  ダイクラしんどかったぁ(T_T;)
来年、Tobyさんたちが登ったコースをやってみたいです。これも、大日岳をいれるかどうかで1泊2日が可能か考えてしまいます。
くにさん! 一緒に行きませんか?

元気になってまた次の計画をしてるのでしょうか。私は週末、朝日に行ってきます。
飯豊は御西小屋、朝日は狐穴小屋。ほぼ毎年のように利用してます。
Posted by やまさん at 2011年07月22日 12:45
やまさん>
1泊2日ですか!
なんかね、飯豊で1泊2日ってもったいない気がしちゃうんですよね。できることなら2泊ほしい!

週末の朝日ちょっとどころじゃなくうらやましいぃ。今週末は山はお休みしなくちゃならないんですよ。天気もよさそうだし、いいなぁ。最高のお山になることを祈ってます(`^´ゝ
レポも楽しみにしてます(^_^)
Posted by Toby at 2011年07月22日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。