2011年07月21日

飯豊連峰(3)

宝珠山
縦走
飯豊連峰 Jul. 2011

1日目(天狗平〜丸森尾根〜梅皮花小屋)
2日目(梅皮花小屋〜御西小屋〜大日岳ピストン〜本山小屋)
3日目(本山小屋〜ダイグラ尾根〜天狗平)

3日目。ついにやってきました。
ダイグラ尾根の下りです。はたしてへなちょこのぼくらが無事に下ることができるのか?

4時。目を覚まし、撤収を始めていると…
朝日♪
キラリーン!

主稜線
残念ながら大日岳は雲の中。
本山から御西つづく飯豊の主稜線が雄大ですな。

本山小屋
まずは本山小屋で高橋さんにご挨拶。
9月にまた来いよと言っていただきました。また来なくっちゃ(^_^)

浮かぶ朝日連峰
北を見れば朝日連峰がプカプカ浮かんでいます。

ヒメサユリ
本山手前ではヒメサユリがお出迎え♪

さぁ!下るぞ!
気持ちいい朝です(≧m≦)
たまりませんね。

前日にひきつづき、この朝も百名山99座目という方とお会いしました。
すんごいもんです。

ダイクラ突入
名残惜しくもあり、ビビリもあり、なかなか出発できませんでしたが…
6時半。ついについにダイグラ尾根に突入です(`^´ゝ

御前坂
出だしは最高!
北へ延びる稜線が一望です。これをずーっと歩いてきたわけです。
ん〜よく歩いたもんだ。

梅花皮までドーン
しつこいですが…
う〜んほれぼれ♪

宝珠山
ゆるやかな御前坂を下りきると宝珠山までのルートが目の前に。
ん〜聞いてはいたけどアップダウン多いなぁ(^_^;)

下りて上って
下りては登って…

また上る
登っては下りて…
これはココロへし折られました。
ちっとも進まない感じがして。

そんななかダイグラを登って梶川をおりるんだという日帰り縦走のおとうさんたちとスライド。
しかも御年69歳のチーム(O_O;)
ありえねえ…
われわれ3日かけてるのに………

ずいぶん下りてきたもんだ
眺望は悪くありませんが。

下りた先でまた上る
登ったと思ったら次の登りがまた見えて…

ムンムン
天気がよいのがまた堪えます。木陰がうれしいのですがそれも汗がドバドバ。

ヘロヘロ
朝日連峰を正面に見ながらの下りが続きますが、ジリジリとオーブンで焼かれているような(^_^;)

下りては登り、登っては下り。しまいには下りているのか登っているのか分からなくなるような感覚。
こりゃあ厳しかった(T_T)
ハニーに至ってはしばらく山いらないとまで言い出す始末。
ぼくも想像を絶する厳しさにかなりへこたれました。

コースタイムをだいぶオーバーして7時間ほどでようやく長坂清水に到着。
もうダメ!
ザックを放り出して地面に身を投げ出しました。
いやぁほんとにしんどい。

ぼくらより少し前に出た方たちにここで追いつきました。
「すごいとは聞いてたけど、想像以上だねえ」などとひとしきり盛り上がりました。

ハニーはもう動けないというのでワタクシひとりで水くみに行きました。
すこし下りるのですがロープも張られていたり、けっこうズルズル。
サブザックに水筒とか背負って行った方がよかったかも。

かなりの水量がでていて冷たくておいしいのなんの。
少しだけ生き返りました。

山頂では水場の様子がいまひとつ分からなかったので、ランチもお茶も給水も控えめにここまで来ました。
もう止まりません。飲むは飲むは…
確実に身体の水分は全部飯豊の湧き水になりましたね。

3リットルほど汲んでもどると…
みず〜〜〜〜〜〜〜っ!
放心状態のハニー。
まあ冷たい水を飲むこと飲むこと。

わずかながら魂が戻ってきたので最後の下りに。
今見るときれいだな
今見るときれいなとこ歩いてたんですね(^_^;)
全然目に入ってなかったです。

ヨボヨボ
もうヘロヘロのヨボヨボ。

足がそろそろちぎれるかもと思い始めたころ…
やっとの吊り橋
キタ━━━━(T▽T)━━━━ !!!!!
吊り橋です。ようやくようやく下りきりました。
ここまで8時間。

いやぁかかったなぁと思っていると、なんとぼくらの後のグループが到着しました。
全然見えてなかったのに。気配すら感じなかったのに…

朝、御西を出てこられたそうです。
普通なら6時間くらいで本山から駐車場まで行けるんだそうです。
ぼくらにゃ無理!

一息いれすぎて活動停止する前に動き始めることに。
林道に出るまでズルズルになった岩を登ったりなんてのもありました。

温見平
20分ほどでようやく温見平。すっかり上の方が雲の中に入っちゃいましたね。

まだ歩く
さらに林道を歩くこと30分。

ようやく帰ってきました、天狗平。
もう足だけもぎとって他所に置いておきたいくらい。
すぐさま靴脱いでサンダルに。

片付けもそこそこにそのまま飯豊山荘のお風呂に直行!
これは気持ちよかったぁ。

お風呂を上がるとすでに5時近く。
もう小国のあたりでのご飯は難しい時間帯になっちゃってました。
おそば食べたかったんだけどなぁ(T_T)
しかたないので仙台まで帰ってご飯にすることに。

もりもりとトンカツ定食たいらげちゃいました。
だからお腹へっこまないんだよなぁ。

それにしても飯豊楽しかったぁ\(≧▽≦)/
ダイグラしんどかったぁ(T_T;)


GPSログ
飯豊連峰110718map.jpg
青が下り

累積標高:+654m
累積標高:-2325m
沿面距離:12.635km
-2325mって……
飯豊本山は2105m。海より下じゃねえか!

posted by Toby at 09:32| Comment(11) | 東北 飯豊連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良い尾根ですね。
この尾根には水場は1箇所ですか?
花は?
山道は明瞭ですか?
質問ばかりですみません。
Posted by yamasanpo at 2011年07月21日 20:07
温身平まで8時間20分か〜。
ん〜私なら一体どのくらいかかるか
見当もつきませんっ!笑
私もホントは丸森〜大ー尾根と行くハズ
だったのですが、丸森を登っている最中に
あ、こりゃ大ー尾根なんてトンでもない・・・
と悟りました。

しかしながら、飯豊に行く人って、ものすごいですよね。
私が梶川をヘロヘロで降りて駐車場に向かって
歩いていたら後ろから来たおじさんは
日帰りで
梶川を上がって石転びで降りてきたと。で、しゃきしゃき歩いていました。
なんかそれを聞いて自分の疲労が一層
濃くなったような。笑

写真きれいですね〜!
私も一眼持って上がろうかななんてちらりと
思ったけど、やっぱり重いんで却下。笑
Posted by くに at 2011年07月21日 23:07
yamasanpoさん>
ムフフ(^m^)歩かれる気満々ですね。

水場は1カ所のようでした。長坂清水(標高980mくらい)です。コースタイムで本山から5時間程度、天狗平から2時間程度の位置です。夏場は水を多めに持っていかれることをおすすめします。3リットル持っていったのに足りなかったという声をなんどか聞きました。ぼくらもきびしかったです。

花はこの時期では本山に近いところではチシマギキョウやウスユキソウがにぎやかでした。
宝珠山や千本峰のあたりではニッコウキスゲ、ヒメサユリ、ハクサンコザクラ、ミヤマキンポウゲ、ノウゴウイチゴ、ウサギギク、ミヤマアキノキリンソウあたりが楽しかったです。

山道は比較的明瞭だと思います。2・3カ所ちょっと悩むところがありましたが、それなりに登山者はいるので破線ルートとはいってもかなりしっかりした道です。
・本山から下ると御前坂が終わるあたりで登山道は曲がるのですが一見するとまっすぐ行けそうなところがあります。
・千本峰のあたりでは登山道はトラバース気味に進むべきところ下におりてしまいそうなポイントがありました。
・休場ノ峰のあたりで大木が折れていて足場に悩むところがありました。
そんなところでしょうか。

yamasanpoさんなら問題ないと思いますよ。歩きごたえはありますので、お試しください。
Posted by Toby at 2011年07月21日 23:26
くにさん>
飯豊を歩かれている達人のみなさんすごすぎますよね。ヘロヘロにやられているときに達人のみなさんの話を聞いているだけで自分のだめさ加減がより一層堪えますよね。すんごいわかります(^_^)
でも今回はほんと歩き方を見直さないといけないなと改めて思いました。遅くてすぐバテるんじゃ行きたい山に行けなくなっちゃいますから。
一眼重かったです(^_^;)最近比較的軽い山行が続いていたのでずーっと片手に持ちっぱなしで歩いてても平気でしたけど、さすがにテント泊装備の飯豊ではそうはいきませんでした。初日の登りと3日目の下りではいつもよりだいぶ写真少なくなっちゃいました。
Posted by Toby at 2011年07月21日 23:40
いやぁ〜〜、この時期の飯豊はほんと暑そうで。。。
レポからも、暑さがずっしり伝わってきましたデス(><)
お疲れ様でした!!

それにしても、稜線上はすんばらしい花畑でしたね。
あ〜〜、いいな〜〜。
今回Tobyさん隊が歩かれたところは、まだ私たち歩いてないんですよね。ダイグラ尾根も歩きたいし。
こりゃ、秋にアタックかな。
Posted by まきchin at 2011年07月22日 01:11
まきchinさん>
いやぁ暑かったぁ(^_^;)もう全身から吹き出すわ吹き出すわ。汗で口がしょっぱかったのなんていつ以来だろ。でも気持ちよかったですね。

稜線最高でした!まきchin隊ともあろう方たち(?)がここを歩いてないなんてダメですよ。梅皮花から本山までは絶対歩いちゃってください。スーパーおすすめです!

ダイクラはお好みで……ぼくらはしばらく修行を積み直してからにします(^_^;)
Posted by Toby at 2011年07月22日 13:29
2泊3日のツアーお疲れ様でした。
去年家族で行ってやはり、ボロ雑巾の様になって下山したことが頭をよぎりつつ、愉快に記事を拝見しました。
やはりそうでしたか、ここには周りがみな達人ばかりなんですね。
自分らの時も石転び・梶川尾根を日帰りする地元の百姓風の元気なおばーちゃんに度肝を抜かれました。
でも厳しくも懐の深いココには、比類なき達成感とほんわかした連峰尾根の極楽感がたまらなく、中毒になってしまうのですよ!
あー、また行きたいな〜。
Posted by やっぱりイイデすね〜! at 2011年07月28日 18:52
でした。
Posted by 徒然草子 at 2011年07月28日 18:54
お疲れ様でした。
飯豊の懐にどっぷりと抱かれての3日間だったようで何よりでした。
きつくてもう登りたくないと思っても、下山してからジワジワと達成感とか喜びが湧いてくるんですよね。
ハニーさんもまた飯豊に登りたくなりますよきっと。
もう既になっていたりして(^^)V
Posted by トラ山 at 2011年07月28日 22:17
徒然草子さん>
わぉお久しぶりです。お元気でした?さぞお忙しいことと思いますが、無理しすぎずたまには山でゆっくり心を休めてくださいね。
徒然草子さんの去年のレポめっちゃ参考にさせてもらってました。われわれもめちゃボロ雑巾になりましたよ(T_T) 今までで一番きつかったです。ほんと帰りは両足取っ払いたいくらいひどいもんでした。
でも下界に帰ってくると恋しくなるんですから不思議なもんです。
Posted by Toby at 2011年07月30日 02:33
トラ山さん>
いやぁもぉいやだ〜〜〜〜!!!!ってなんど思ったことか(^_^;)
でもやっぱりまた歩きたくなりますね。なんとハニーに至ってはお風呂に入ったらすっかり。すぐ次はどこに行こうかってなもんでした。
ちょいとこの週末山のない週末が続きそうで寂しい限り。はぁ(T_T)
Posted by Toby at 2011年07月30日 02:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。